151231-野梅


どもども。

落葉もすっかり終わり、里の風景もまさに冬。
今日は大晦日・・・日本の年末年始が冬でよかったな・・・と思うのはあたくしだけでしょうか?

新芽は、春に芽吹きをみます。
ですが、その芽はもう冬には準備を整えています。木の先端が赤らんで見えるのはそのためです。


種が根だしから始まるように、春を待つ芽のように、今年一年は過ぎてきた気がします。


新たな出会い、物事の深まり。
そして、来年への期待。

焦りや妙な理想を考えることなく、ただただ来年が待ち遠しい・・・というのも自分としては珍しいです。

151231-クロガネモチ

ツツミ建築設計室も新たなステージ・・・といいますか、ようやくここにこれた、といった感じで業務に励もうと思います。
暮らすべきべき環境での暮らしの提案、それが健康につながっていく・・・そんな里山的住空間を推進していきます。

並行して、ハナノモリでの里山環境整備活動も。

相互がリンクすることで、暮らしと空間、私たちの健康維持につながるお手伝いをできればと考えます。
建築は、デザイン重視の時代が続いていますが、ツツミ建築設計室としては、人の位置に立ち返って皆さんと空間づくりしていきたいと思います。


こんな風になれたのも、これまでつながれた皆さんのおかげです。


その仕事が楽しいか?

そんなことを考えた時、その仕事のことばかりを考えてしまっていましたが、そうではありませんでした。

この仕事をしていることで出会える喜びと感謝。
これこそが仕事の醍醐味かと思います。


今年もたいへんお世話になりました。
来年もさらにご助力いただけますよう、よろしくお願いします。<(__)>


あと数時間で新年ですね。
良い年をお迎えください。(^-^)
RGでした。
<(__)>rg

151231-正月盆栽

ではでは。

++−+ : 里山を感じる空間づくり