150512-シロツメクサ


どもども。

四季の中では、"春"が一番好きです。
一年の中では、"5月"が最も好きな気がします。

そんな5月は、"GW"と呼ばれる大型連休から始まります。
ニュースでしか知りませんが、お天気がよかったおかげもあり、今年も行楽地は混雑していたみたいですね。皆さんはどんなすごし方をされたでしょうか?


社会人になって20年、この連休を連休として過ごしたことはないので、そんなに関心もなかったんですが、少し時期がずれて、昨日・一昨日で今年は"自分なりのGW"を過ごせ、よかったな〜・・・と思ってます。(^-^)v

さてさて、そんなGWは・・・。


一昨日、仕事の合間にのぞいたFB。
"マリポサ農園"の古木さんのメッセージに、「スタードーム移動の手伝い要員探してます」の記事を発見。
その日の仕事も概ね終えていたので、午後に伺いました。

総勢6名。

かなり苦労しましたが、目的の場所まで移動できました。

150512-マリポ農園1


150512-マリポ農園2

7、8年ぶりに木登りもして、超が付くほどの久しぶり体験を楽しませていただきました。(^-^)

150512-マリポ農園3


150512-マリポ農園4


150512-マリポ農園5

何気なく咲く野の花と奥深い清和の里山。
いまの自分にとってのキーワード環境がありがたかったです。

150512-マリポ農園6

作業後の歓談も、外作業の醍醐味ですよね。


昨日行われた"和綿の種植え"。
こちらは"はざまにゆうきのはながさく"の活動。

150512-和綿3


150512-和綿1


150512-和綿2

耕作放棄地の活用法として和綿を植える・・・というものです。
大人から小さいお子さんまで、土に触れる機会を楽しんでいました。

こちらで育ったオーガニックコットンがたくさんの方の手に届くとよいと思います。
あたくし的には、オーガニックコットンのハンモック制作・・・をひそかに狙ってたりします・・・。(-w-)


和綿活動は途中退席させていただき、仕事の続きをダ〜〜〜っと済ませて、夕方に坊ノ内養蜂園の鈴木さんと大多喜方面へ里山観察ドライブ。

150512-大多喜

久留里〜大多喜のルートは、山も深く、密度が高い?感じがしてとても心地よいです。
車中では、今後の里山活動について話したり、よい移動ミーティングができて一歩前進です。


と、そんなところへ鈴木さんに一本の電話・・・。


真里谷の"フルーツ街道夢農場"さんに置いているミツバチの巣箱の一つが分蜂している・・・と。
急ぎ戻って分蜂群の収納を。この作業は初めて目にしました。

150512-分蜂1

結構大きい・・・。

150512-分蜂2


150512-分蜂3


150512-分蜂4


150512-分蜂5


150512-分蜂6

作業時間はおよそ30秒!
匠の技、見せていただきました。(^-^)


こんな感じの2日間。
仕事の合間合間での出来事でしたが、リフレッシュできたり、新たな先が見えたり、とても有意義でした。

仕事が立て込んでしまうと、少しの時間ももったいない・・・というタイプだったんですが、昨年くらいから変わりました。

その瞬間は二度と訪れないし、その気(エネルギー)が自分に向いているということを受け入れることが"生"だと気がついたことによります。

当然、そんな時間の過ごし方をするとつけが回ってきて夜に図面を描いたりするわけですが、自分にとって何が大切なのか・・・ということをきちんとわかっていればそんなことは大した問題にはならないもんです。
どんな風に時間を過ごしても、じつは自分が行き着く先って用意されていて、そこに向けるはずなんですよね。

時間を惜しんでやっていた仕事でも、突如としてキャンセルされる、あるいはアクシデントが待っている。物事そんなもんで、やはり今自分がどのエネルギーに向かっているのかという思考と感受性が必要に思います。
迷信的に捉える方もいるかとは思いますが、きちんと物事に向き合うことがおのずとそれに気付かせてくれることになると考えています。


とはいっても、いまの仕事の量はヤバいな〜・・・と感じている今朝。
がんばりますか〜〜〜・・・。(-◇-;

5月病になってる暇もなし。(-◇-;
RGでした。

ではでは。

++−+ : 木を感じる家づくり