141115-ふれあい講座


どもども。

今日もいいお天気でしたが、寒さが増したように感じました。
足元を厚くしていかないといけないな〜・・・と思います。皆さんも温かにすごしてください。


さてさて、久しぶりに参加できたNPO法人「つむぎ」の活動。
前回は、体調不良により欠席・・・今回は自分で段取りしたこともあってかなり気を遣いました。おかげで万全!無事に終えられてよかったです。(^-^;

今日の活動は、君津市が催している”ふれあい講座”の一つ、”高齢者の福祉”という講座を受けるものでした。
内容としては、君津市内で施策されている高齢者向けの事業内容やそれにまつわる話、質疑応答などです。


今回の内容に関して、ほとんど知らなかった・・・という実態が明らかになりました。
あたくしの父は、今日の説明の中の事業該当者に当てはまるのに、おそらくは当の本人も知らないと思います。これは行政側の怠慢ではなくて、送られてくる資料をきちんと見ていない・・・というこちらの注意不足の結果です。
父とは別に暮らしているので、父宛の郵便物をチェックしないこともありますが、有益な情報を逃しているのは残念な結果としか言いようがありません。今後は気をつけようと思いました。

行政の施策にも差があるということも判明。
お隣の木更津市とも差があって、君津市は高齢者に対する対応がよいのだな〜・・・と知れました。


質疑応答の中でいろいろと話をさせてもらったんですが、高齢者率が高まる中で元気な高齢者に対する支援が薄い、先程書いたような情報の周知徹底方法に難しさがある、などを投げかけました。
これに対する完璧な答えみたいなものはないと思うのですが、我々のようなNPO法人が一役かえればよいと考えています。行政サイドのあり方もありますが、今後は協力態勢でできないか・・・とも意見を出させてもらいました。

君津市での高齢化率は26%超、4人に一人が高齢者になっているスピードです。
どんな支援が本当に必要なのか、そんなことに目を向けつつ、今後の活動に生かせればと思います。


今回初めて君津市の”ふれあい講座”を受けましたが、知らないことの方が多いと感じましたし、今後も違う講座を受けてみようと思いました。福祉に限らず、講座は多岐に渡りますので興味のある方は調べてみてください。君津市役所のHPから情報を得られます。


次は”認知症サポーター講習会”を受けたいとの参加者の希望・・・。
これも大切な項目ですね。
RGでした。
<(__)>rg

ではでは。

++−+ : 木を感じる家づくり