141011-杉葉紅葉


どもども。

杉の葉にそんなに興味を持ったこともなかったんですが、道すがら落ち葉となっていた杉の葉の紅葉がきれいで、なかなかいいじゃない・・・と思いました。普段、当たり前に感じていたことももっと素直に見たら新しい発見があるかもしれませんね。


私用ですが、久留里城にいってきました。
久留里城駐車場には”君津市森林体験交流センター”というのがあります。ここに”ぽ〜たる亭”という食事処が入っています。ぽ〜たる亭のスタッフと知り合いになる機会があり、用事を済ませる前に食事をいただこうと立ち寄りました。

141011-ぽ〜たる亭1


141011-ぽ〜たる亭2


20年以上?経つ建物らしいんですが、とてもきれいな建物です。

店内に入るとちょうどスタッフの方々の食事時間で、一緒にテーブルを囲むことになりました。

141011-ぽ〜たる亭の食事

「家庭料理を・・・」というおかみさんの意気込みで、季節ごとにかわるメニューとなっています。
全体的に薄味で、あたくし的にはとても美味しかったです。普段自分ではつくらないようなものでもあったので、これがまたありがたかったです。おにぎり・・・ってのがまたいかす。(^一^)b

食事をしながらいろいろと話をして、とても楽しい時間をいただきました。

知り合いだから・・・という話も。

141011-ぽ〜たる亭3

こんなスペースがありまして、どうにかうまく使えないだろうか・・・という相談。ちょっと考えてきます〜・・・と宿題にしてもらいました。
この話をしているときに一般の方がお土産品を求めてこられたんですが、そういったものがないんです、この施設。市の施設としてはめずらしい?ことで、まあ不思議な建物だと感じたのも事実です。

久留里城の駐車場も広くて、この施設も上手に運営すればとてもよい拠点になると思います。”箱物行政”という言葉があるくらい、各自治体は建物を建てるのが好きですが、うまく運用できているものはじつは少ないです。なぜそうなのかは官民の間の関係や想いの温度差にあります。
あたくしからすれば、利用できるものを最大限にいかさないで自治体運営に悩みを言っていることが疑問ですが、実態、こうして無駄に時が過ぎてしまっている建築が多いです。
公共建築物の基本は、多くの住民が有効利用することにあります。皆さんも自分には関係ない・・・と思わずに、近所の公共施設をどのように自分の暮らしに組み込むかを考えていただきたいと思います。


食事をいただいた後は用事を。
来週、とあるグループでウォーキングをするんですがその下見です。舗装されている道は大丈夫ですが、今回は林間歩道を歩くので安全面のチェックもしておかないといけません。

141011-久留里城林間歩道

幸い、この歩道もきちんと整備されており、台風の影響などもありませんでした。今週末にやってくる台風19号が気になるところですが、ウォーキング当日のお天気が良ければ大丈夫かな・・・と思います。

141011-ホトトギス


141011-紅葉

秋を感じる風景に包まれて気持ちがよかったですよ。(^-^)


下見を終えて挨拶がてら再び”ぽ〜たる亭”へ。
夕御飯に・・・とお土産をいただき、とても嬉しかったです。(^-^)

明るいスタッフが迎えてくれる”ぽ〜たる亭”。ぜひ足をお運びください。
RGでした。
<(__)>rg

ではでは。

++−+ : 木を感じる家づくり