どもども。

全く建築と関係ない話ですが・・・。
昼間、食料を買いにスーパーにでかけました。自炊なのでちょくちょくいくんですが、今日は飲みたくて豆乳を買いました。買う時にはいつも買っている銘柄のものです。ふと原材料のところに目をやると、少し前に買った時には”国産大豆”と書かれていたのが、”米国産大豆”になっていました。しかも「安全安心で大丈夫!」みたいな添え書き付きで・・・。
ず〜っと前に、外国の食品は農薬等の問題があって・・・なんてことを聞いたことがあって、できるだけ国産の物を手に取るようにしていました。しかし、現在は身体に影響があるかないかよくわかりませんが放射能による汚染?もあって国産も危ないと大々的に報じられています。スーパーの品ぞろえも国産が少なくなっているような気もします。
放射能汚染された牛肉が大量に処分されているそうですね。九州で伝染病になった牛も同じようになっていました。以前、アメリカ産牛肉がどうのこうのといったときに、「安全で大丈夫!」なんて報道があったのを覚えていますが、国産牛肉に対してはそんなことは言えないんですかね?なにをもって安全なのか、身体に悪くても安全なものとそうでないものがあるの?か、全くよくわからないです。
そうすると、どれを食べてもそんなに健康でいられないんじゃないか?という考えになります。幸い、あたくしは知り合いの生産者から食料を買ったりもしているので、まだ安心素材が多いですが、そうでなければそのうち食べれるものがなくなるんじゃないかと不安になります。
皆さんはどんな風に思っているんでしょうか?
RGでした。
<(__)>rg

ではでは。

tutu-tu ARCHI STUDIO