どもども。

おはようございます。
都会の蒸し暑さは驚きですね。常にサウナに入っている気がします。あたくしの子供の頃とはすっかり変わってしまった気がします。
さてさて、よくこんなことを聞かれます。

「家、新しく建てた方がいいですか?リフォームした方がいいですか?」

あたくし的には、どちらもよいと思います。
計画を進めるにあたり、よくお話しさせていただきますが、お施主さんの生活がどのようになるものなのか、がとても重要で、家は、その一部になっていきます。住まいに必要な条件にはいろいろあると思います。通勤通学に便利、交通の便がいい、周囲の環境がいい、見晴らしがいい、閑静な場所、遊びに行きやすい場所、などなど、挙げはじめたらきりがありませんが、それぞれに考えてらっしゃることはあります。そこから、どのような選択があるかを考えてみてはいかがでしょうか?
家を造ることはとてもコストがかかります。それはおそらくとても重要な考えの一つだと思います。トータル的に考えたときに、設計条件が揃ってくると思いますので、普段から何かしら考えてみてください。そうすると、新築か、リノベーションか、おのずと選択が生まれてくると思います。
簡単に。新築は自由が利きますが、コストがとても掛かります。リノベーションは、工夫により住みやすさをつくっていき、コストは抑えられるケースが多いです。
暑さで頭がドロドロ。RGでした。
<(__)>rg

ではでは。

YURAIBO ARCHI STUDIO