tutu-tu ARCHI/RGの建築設計日記

里家づくりのツツミ建築設計室・・・tutu-tuRGの”建築”な日々。

tutu-tu ARCHI/RGの建築設計日記 イメージ画像

更新情報

どもども。 「建築環境学」は、温熱環境や断熱性、気密性など、建築における環境を考える学問です。いまでは建築士試験の一教科にも数えられています。 ツツミ建築設計室で考える『環境 建築学』は、自然環境下においてどのように人は過ごし、建築を捉えるか・・・という
『環境 建築学』の画像

どもども。 現在、人生100年といわれるようになりました。 定年も70歳まで引き上げようとする動きもあるそうで、高齢化社会に変化が起こりそうな、そんな予感がありますね。 このような社会の動きがあると、暮らす環境も変貌を遂げることになります。 人生100年
『終の 棲家』の画像

どもども。 「カラスの住みよいまちづくり」。 都市部、地方に関わらず、最近のまちを見て、皮肉を込めてこう話をするときがあります。 SNSが流行し、情報やコミュニケーションは促進されているにもかかわらず、犯罪や問題は解決されていく方向へは向かっていないと感じ
『カラスの 住む まち』の画像

どもども。 11月はあと一週間、今年も終わりに近づいてきました。 なんとなく今年の出来事を顧みたりする季節です。 その中でも、やはり仕事に関しては多くのことを考え、感じることがありました。 個人的には、建築の生活へのかかわり方が変貌しているような、そんな
『古民家の 利用』の画像

どもども。 モノの多くは、寿命があります。 現代。 家電製品などは、その寿命をコントロールし、必ず壊れるように製造されているといわれています。これは、経済循環を生むためには必要な考え方・・・と、いつの間にか正当化されています。 たしかに、云わんとしている
『守る 人』の画像

どもども。 およそ2年半ぶりにブログを再開しました。 改めて、よろしくお願いします。 2020年のオリンピックに向け、東京を中心に周辺地域は都市化が進んでいます。本当に必要なものなのか?と少し疑問ではありますが、しばらくはこの建設ラッシュは続きそうです。 20
『ブログ 再開しました』の画像

どもども。 Facebookで綴っていた「今日の一鉢」。 こちらのブログで綴っていこうと思います。よろしければその成長をお見守りください・・・。(^-^; 通い始めた盆栽教室も2年目に突入。 2年目最初の課題は、先月と今月で取り組んだ"自由創作"。 好きな鉢
『「今日の一鉢」 001』の画像

どもども。 案内にいただいた風景を目の当たりにしてきました。 現在、銀座で開かれている「安部大雅展」。 仕事の合間に伺うことができました。 雰囲気を少しだけ。 安部さんとは、造形や空間の話をするのですが、とても近しいものがあって楽しいで
『続 安部大雅 展』の画像

↑このページのトップヘ